会社沿革 会社沿革

1965年09月(S.40) 軽量コンクリート部門及び通信土木、線路工事用セメント二次製品専門工場として資本金100万円で設立する
1965年10月(S.40) 日本電信電話公社九州電気通信局のコンクリート製品指定工場の許可を受ける
1966年04月(S.41) 九州電力株式会社のコンクリート製品指定工場の許可を受ける
1968年07月(S.43) 資本金を300万円に増資する
1969年12月(S.44) 日本道路公団福岡支社のハンドホール(電気、通信)製品納入を開始する
1970年01月(S.45) 熊本県宇土市松山町に宇土工場を新設する
1970年11月(S.45) 資本金を500万円に増資する
1971年02月(S.46) 日本電信電話公社規格、ブロックマンホール製造納入を開始する
1972年12月(S.47) 日本道路公団広島建設局、ハンドホール製品納入を開始する
1973年10月(S.48) 本社を熊本市南千反畑町2番17号に移転する
1974年09月(S.49) 日本道路公団沖縄建設所ハンドホール、ブロックマンホール製品納入を開始する
1975年06月(S.50) 九州電気工事株式会社電力用ハンドホール製品指定工場の認可を受ける
1976年04月(S.51) 資本金を3000万円に増資する
1977年04月(S.52) 熊本工場が日本工業規格表示許可工場の認定を取得
※認定年月日 昭和49年 9月30日
※認定番号 874052
※指定品目 下水道用マンホール側塊:JIS A 5317
1978年04月(S.53) 資本金を4500万円に増資する
1978年10月(S.53) 中小企業退職金共済制度において労働大臣表彰を受ける
1979年07月(S.54) 関連会社 株式会社西友を設立する
1980年04月(S.55) 資本金を6500万円に増資する
1984年09月(S.59) 日本共同溝工業会入会、製品(CAB)納入を開始する
1984年11月(S.59) 熊本県下益城郡小川町大字東小川字経塚650に小川工場を新設する
1985年02月(S.60) 自社開発「セーフティーロード」が科学技術庁、特許庁、発明協会主催全国発明工夫展において県知事賞を受賞する
1986年06月(S.61) 小川工場が日本工業規格表示許可工場の認定を取得
※認定年月日 昭和61年 6月10日
※認定番号 886008
※指定品目 鉄筋コンクリートU形:JIS A 5305
コンクリート及び鉄筋コンクリートL形:JIS A 5306
境界ブロック:JIS A 5307
鉄筋コンクリートU形用蓋:JIS A 5334
1986年10月(S.61) 関連会社『西友 株式会社』から『株式会社 フジックス』に称号を変更し、鉄筋加工、型枠メンテナンス、資材調達を行う
1986年11月(S.61) 「全国FK式ハンドホール工業会」及び「セーフティーロード工業会」を設立
1987年11月(S.62) 4回目の優良申告法人表敬状を受ける
1989年06月(H.01) 小川工場が全国宅地擁壁技術協会の製造工場の評定を取得 「ニューウォルコン」
1991年04月(H.03) 小川工場が日本電信電話株式会社の「マンホール」の製造工場の認可を受ける
1991年10月(H.03) 日本電信電話株式会社向け「とう道」製品納入を開始する
1993年04月(H.05) 小川工場が日本下水道協会の製造工場の認定を取得 「JWAS A-7下水道ミニシールド工法用鉄筋コンクリートセグメント」
1993年06月(H.05) 5回目の優良申告法人表敬状を受ける
1994年10月(H.06) 九州地区CC・BOX納入開始。
1994年12月(H.06) 小川工場が全国宅地擁壁技術協会の製造工場の評定を取得 「ゴールコン」
1995年06月(H.07) 日本電信電話株式会社向け製品「二次覆工コンクリートセグメント」の納入を開始する
1996年05月(H.08) 小川工場が日本下水道協会の製造工場の認定を取得 「下水道用ボックスカルバート」
1998年04月(H.10) 情報BOX納入開始。
1998年06月(H.10) 6回目の優良申告法人表敬状を受ける
1998年11月(H.10) 代表取締役社長に常務取締役の岸川健太郎が就任する
1999年04月(H.11) ISO9001認証取得に向けてキックオフする
1999年08月(H.11) 熊本市野田に本社を移転し、管理部、熊本事業所、営業本部、品質保証部を統合する
1999年09月(H.11) 自由勾配側溝「静(しずか)」の製造販売を開始する
1999年11月(H.11) 労務改善事業において取締役会長の岸川健が2回目の労働大臣賞を受ける
2000年02月(H.12) 小川工場が全国宅地擁壁技術協会の製造工場の評定を取得 「緑生擁壁」
2000年07月(H.12) ISO9001の認証を取得する
2001年10月(H.13) ISO9001・2000年度版の移行審査を完了する
2002年10月(H.14) 太陽光発電基台納入開始。
2003年02月(H.15) 環境リサイクル事業部を新設する
2003年11月(H.15) 7回目の最良申告法人表敬状を受ける。
2003年12月(H.15) 共用FA型(CC・BOX)納入開始。
2004年07月(H.16) 多機能素材研究会を新設。
2004年08月(H.16) ISO14001の認証を取得する
2005年05月(H.17) 関連会社「サンテ・ファミール」を設立
2005年06月(H.17) ERBの試験施工。
2006年04月(H.18) 増殖礁「BeNaSu」三角西港に沈設実証試験
2007年03月(H.19) 増殖礁「BeNaSu」水俣に沈設実証試験
2007年03月(H.19) 九州地区電線共同溝マニュアル改定に伴いエヌ・ティ・ティ・インフラネット㈱より表敬状を受ける
2007年08月(H.19) 増殖礁「BeNaSe」、熊本県新事業支援調達制度の認定商品となる
2008年02月(H.20) 「防草板」ドコモ中継基地へ試験施工
2008年03月(H.20) 多機能素材研究会「水質浄化テストプラント」公開実施
2008年08月(H.20) (一財)建材試験センターにおいて日本工業規格(新JIS)の認証を取得 「ボックスカルバート」
2009年04月(H.21) 産業技術総合研究所にて太陽電池モジュール基礎架台 採用
2009年05月(H.21) 砂栽培農業の試験ハウス稼動
2010年08月(H.22) 産業技術総合研究所にて太陽電池モジュール基礎架台 本格施工
2011年05月(H.23) 太陽電池モジュール基礎架台の開発が 「熊本県工業大賞環境推進賞」を受賞
2011年07月(H.23) (一財)日本消防設備安全センターの二次製品等防火水槽・二次製品等耐震性貯水槽40㎥型の型式認定を取得 「マリン防火水槽」
2011年09月(H.23) 「ソーラーキーパー研究会」を設立
2012年02月(H.24) PV SYSTEM EXPO 2012(東京ビッグサイト)にソーラーキーパーを出展
2014年04月(H.26) 熊本県健康増進表彰を受ける
2014年07月(H.26) 吉野ヶ里メガソーラー竣工につき㈱NTTファシリティーズより表敬状を受ける
2014年12月(H.26) (公社)日本下水道協会の製造工場の認定を取得「下水道用耐食性コンクリート製品:ミニシールド工法用セグメント」
2015年09月(H.27) 創立50周年記念祝賀会
2016年02月(H.28) (公社)全国宅地擁壁技術協会の大臣認定擁壁製造工場の認証を取得「ニューウォルコンⅣ-1型及びⅣ-2型」
2016年08月(H.28) 即時脱型製造システム稼働開始
2016年10月(H.28) (一財)日本消防設備安全センターの二次製品等防火水槽・二次製品等耐震性貯水槽60㎥型の型式認定を取得「マリン防火水槽」
2017年09月(H.29) 先進建設技術フェアin熊本に出展
2020年04月(R.02) SDGs(持続可能な開発目標)への取り組み開始